ロゴデザイン 作り方考え方 英語、漢字 カタカナにも使える説明 ロゴデザイン ;

ロゴデザイン 作り方考え方英語、漢字 カタカナにも使える説明 ロゴデザイン ロゴ作成、作り方で大事な事は、印象とインパクトを与える事です。

基本的に、人は、WEBサイトを見ている時は、ロゴというものをあまり意識していません。まずは、文章に意識をいきます。

極端な話、情報だけ与えるならば、のぺっらぼうの、顔に鼻、口、目がついていれば、それで、良いのです。タイトルと文章だけです。

しかし、もう一度、見たいとは、思わないでしょう。恋愛と同じです。化粧というのは、相手を思いやる、自分自身の思いです。その思いがあれば、人への思いを伝えやすいと言えます。

例えば、ネットショップ運営などで、商品を売る時に、商品の画像しか載せないというものでは、人の、お店の人としての温もりを伝える事ができません。

また、あまりにも、装飾が多すぎると、何をしているサイトなのかわらなくなってしまいます。

そのバランスが大事だと言えます。また、世の中が発展する中で、ロゴデザインも発展していっているという事を意識しないといけません。

例えば、印刷物ができた当時は、字が表現、表記だければよく、タイトルも少し太めにすれば、よかった時代もあります。参考書という字で説明しましょう。

sankousyo_1

 



太字のタイトル、この字が流行れば、みんなが真似をし、それが当たり前になります。そして、周りに枠のついた字、又は影文字が生まれます。

sankousyo_2 





昔は、黒インクのみで印刷をしていましたので、木版印刷で可能なもの、木を掘って黒印刷で表現できるものは、ほとんどが表現できます。みんなが真似をすれば、同じようなものができます。デザイン制のない文字へと変わります。

色インクを使い、カラーで表現です。
sankousyo_3





今でも印刷の仕方、基本は同じです。黒を塗って、赤を塗ってという表現ですが、時代とともに、進化をしています。

パソコンと印刷技術の進化により、一般の人達にも手軽に影付き文字が表現できるようになりました。時代、時代に最先端のデザインでも、時がすぎれば、デザイン性のない文字となってしまうのです。
sankousyo_4





ファッションで取り立たされています。来年の流行などは、予め、ヨーロッパなどで、流行を決めるそうです。この時代にないものを取り入れるのが基本です。

パソコンなどが流行り、手軽に、誰でも、ロゴが作成できるようになりました。

ロゴデザイン 作り方考え方英語、漢字 カタカナにも使える説明としましては、周りの人が行っていない方法、今の時代一般的な方が行っている大きな方法に、文字の大きさが一定という事があげられます。それはそれで、味があり、表現としては良いですが、

sankousyo_5









少し、文字の大きさを変えるだけで、デザイン制のある文字になりました。
?マークをつける事により、よりわかりやすいロゴになりました。

sankousyo_6

 







ロゴ制作は、基本的には誰にでもできます。オリジナルティを出すのかが大事です。上の文字が流行れば、それは、デザイン制のない文字となります。

今の時代、パソコンがあります。。手軽に以下のロゴも簡単に作成できます。馬の画像と馬という字を組み合わせたロゴです。ロゴ制作講座では、このような事もご紹介しています
uma2
 








英文などのロゴも、このように、創意工夫をすれば、今の時代、さらなる未来へとつなげていく事ができます。
abc3









基本的には、○ △ □ の三つがあれば、ほとんどのものを表現できます。この三つの小さなブロックを組み合わせて表現しているようなものです。どのロゴ、を見ましても、ほとんど、このようなものです。

作成するロゴが、どれに当てはまるのか、そのような事を考えてから、作成してみても良いかもしれません。


下の画像は、フリー素材として使用していただいても可能です。下の通販という字は、基本色と、丸目の文字を使用しました、基本色とは、子供が、初めて扱う色です。丸目というのは、柔らかい、子供の肌は柔らかい、尖ったものは、危険という意味から、幼児向けの玩具などに使用できる通販という文字です。

これにさらに、丸目の玩具、または、絵ロゴなどを使用しても良いかもしれません。
画像を使用する場合は、画像の上で右クリック、画像を保存で使用してください。

私が作成しましたフリー素材、その他の素材は、こちらのブログの他のページ、もしくは、こちらの、無料 ホームページ素材のページにて掲載していますので、ご使用していただいても可能です。



tuhan